NEWS

美しい人
2018.10.01

美しい人

美しい人とはどのような人でしょうか。

スタイルがいい、顔が綺麗・・・・人はそれぞれ“美しい”という価値が違います。

またこのごろは、「美人風」「雰囲気イケメン」など、その他にも人の見た目を形容する言葉が多くあります。ところが、誰が見ても「美しい」という形容がふさわしい人がいます。

それは「美しい 所作」を持った人です。

 

公共交通機関で
ひざを着けず座る女性、浅く腰掛けすぎて足を通路に投げ出す、お化粧をする・・・・

ご飯を食べる時
お箸を正しく使えない、食べ物を落とす、肘を張って食事をする、どんな時もかき込む様に食事をする、猫背で食事をする、カップを持つ手の指が跳ねてしまう・・・・

歩く時
いつも下をみて猫背で歩く、踵を引きずる・・・・

このような場面によく遭遇します。

そんな時なぜか好感が持てないという感覚をもったりしませんか?

その逆で、前から知り合いで特に何も感じたことがないのに、ある時一瞬で「綺麗だ」という感じを得ることもあります。
それはどのような時かといえば、「美しい所作」を見た時です。

例えば、宝塚の俳優さんたちは、歩く 座る 話す 何かを持つ・・・・ 一つ一つの動作を美しく、また品よく行います。男役の方であっても、男性を演じながらも美しい所作に気を配り、人々を魅了します。日本の伝統芸能である歌舞伎や能、狂言も演じる役どころはそれぞれありますが、どれも所作が綺麗で、これぞ美しさの極みと賞賛されます。

日本料理では、調理の際の包丁さばきが美しいだけで、お料理も繊細で美味しいと感じます。さらに、日本には茶道の文化があり、その中のすべての所作にそれぞれ意味があります。それらを理解し身に着けると、お点前(お茶を入れること)が美しいと言われます。「利休にたずねよ」という映画では、市川海老蔵が演じる千利休のお点前の美しさが賞賛されました。

 

人は外見だけ美しくても、かっこ良くても、心が整っていないと所作が乱れます。
美容師さんは鋏を持つ手やメイクブラシを持つ手はそれぞれお客様から至近距離で見られています。普段の生活だけではなく、仕事でも所作の美しさについて意識してみてください。そうすることで、心の調整も自ずと図られると思います。そしてその姿にお客様は魅了されるでしょう。

そうゆう私も、急ぎ慌てることや雑なことが色々あります。
文化の秋。私はこんなことに気をつけて、素敵な大人女性でいたいと思います。

 

 

ビューティーライフアドバイザー
福谷 貴美子