NEWS

肌の乾燥と年末
2019.12.02

肌の乾燥と年末



 

みなさん、いかがお過ごしですか。急に冷えて気ましたね。紅葉の美しさに酔いしれているうちにすっかり冬となりました。先ほどから、「ひゅ~ひゅう~」と風が鳴ってるのが窓越しに聞こえます。真冬なの?この季節がやってくると、私は来たな・・・・・と思い、ボディソープとボディミルクを冬用にチェンジしケア用に保湿用美容液、ボディ用化粧水がプラスされます。

そうです!!冬の乾燥対策に勤しみます。

冬の肌荒れの主な原因は水分不足です。加齢とともに、皮膚表面の水分保持機能が低下して、年々厄介になります。今回は冬の肌とそのお手入れについてお伝えします。

皮膚は角質の一定量の水分と油分を含んでいることが、肌の美しさの基本となります。平均して20%の水分を含んでいることが望ましいです。角質は水分を含むと膨らみ、皮膚表面に張りがでてきます。そして、角質の水分量はその下の水分量に関係ありません。なぜなら、角質のすぐ下にはバリアゾーンがあり、その上下の水分の交流を妨げているからです。角質の水分量を左右しているのは、外界の湿度です。外界の湿度が高いときはその水分量が増え、その逆に乾燥してくれば、角質の水分量は低下し肌も乾燥します。カサカサしツヤがなくなり、酷くなると痒くなることもあります。それを擦れば軽い擦過傷のようになります。人によっては乾燥性敏感肌の症状が出て、アトピー症状やアレルギー症状を誘発する恐れもあります。まさにこの季節、気温が下がり湿度もどんどん低くなります。

皆さんのお肌はどうですか?

では、乾燥から肌を守るためにするべきこととはなんでしょう。私の場合は仕事場と自宅、両方で加湿器を使用しています。しかしそれだけでは足りず、ボディソープからお手入れのものまで、全てが保湿メインのものに変わり、ボディクリームに至ってはこっくりとした油分が多く、質感の重たいクリームに変えます。夏に使ったら大変です。笑。乾燥してしまい荒れたお肌のケアは保湿クリームを塗り、皮膚表面に油も足しておくことがもっとも有効です。皮膚表面に一定の油分を持たせることは、それだけで乾燥を妨げ肌荒れを予防するのです。

そして、肌の角質は本来表皮の最上層なので、肌そのものが乾燥しないように水分と栄養をしっかり保持できる肌になるように、食べることを心がけることも大切です。ズバリ、乾燥対策には良質なたんぱく質をしっかり摂取することがもっとも大切です。パーティーや外食が増えるこの季節、ダイエットを気にしすぎでついつい肉や魚などを避けてしまう人がいます。それは真逆ですよ。しっかり美味しいたんぱく質料理をいただき、さらにバランス良い食事をするのが一番のオススメです。また美味しいたんぱく質とともに、ビタミンCとビタミンAの摂取に心がけましょう。それにはなんとみかんがオススメです。是非、冬のあったかいお部屋でソファにすわり、まったり召し上がってくださいね。

そして、美容室でお仕事をされているみなさん!

シャンプー後や水を使ったお仕事あとには、こまめにハンドクリームを塗ることです。

この繰り返しが美容師さんの手荒れを軽減します。忙しい年末は特にお気をつけくださいね。

 

さてさて、今年の年末はどうやることやら・・・・・・美味しいお食事と楽しいおしゃべり、ポケットにはハンドクリームをいれて、少しでも美しい手で、「カンパーイ」とグラスを持ち上げたいものです。

みなさま。今年もご愛読いただき、誠にありがとうございます。来年は更なるブラッシュアップを致します。

良いお年をお迎え下さい。

 

ビューティーライフアドバイザー

福谷 貴美子